スタディサプリの退会方法と注意するべきポイント

受験が終わって使わなくなった、スタディサプリではなく予備校に行くことにした、などなど理由は人それぞれですが「スタディサプリをもうやめる」という時に意外にわからないのが退会の方法です。

今回はスタディサプリの退会方法と退会前に注意するべきポイントを紹介します。

スタディサプリの退会方法

スタディサプリの退会方法はとても簡単です。

  1. まずはスタディサプリにログイン
  2. 右上のアイコンからプロフィール画面へ移行
  3. 退会タブを選択し、退会手続きを行うをクリック
  4. 確認事項を読み、退会するをクリック

これだけです。

電話などをする必要もないのでスムーズに解約可能です。解約だけであればおそらく数分で完了するかと思いますが、解約前にチェックしておくべきことがあるので次はそちらを紹介します。

3月に自動解約されない

例えば高校1年生からスタディサプリを続けていて、3年生の時に無事受験に合格したとします。

もちろんそうなればスタディサプリはもう必要ないのですが、高校3年生の3月になったからといって自動的に解約はされません。

解約を忘れると翌月以降も料金が発生してしまうので解約を忘れないようにしましょう!

 

解約の他に利用停止がある

実はスタディサプリには解約の他に利用停止というものがあります。

簡単に違いを説明すると

・利用停止は課金を止めるがユーザーのデータは残る

・解約はユーザーデータを削除する

といったものです。

利用停止をした場合はトライアル会員という無料会員に変更され授業などは見られなくなりますが視聴履歴などのデータは残ります。

公式サイトにも書いてありますが解約をする場合はまず利用停止をして解禁を停止してから解約を行うようにしましょう

ちなみに利用停止はスタディサプリサポートWebの利用照会から行うことができます。

基本的に日割りでの返金はない

スタディサプリは月々払いの場合、日割りでの返金というものをやっていません。

例えば月頭の2日にやめたしても、料金は全額支払わなければいけません。

なので絶対にやめるということであれば問題ないですが、まだ迷っているということであれば月末までは保留しておいた方が「やっぱり続ける」となった時に安心です。

 

他にスタディサプリの解約について不明な点がある場合は公式サイトの「よくある質問」のページにいろいろ書いてあるのでそこでチェックしてみてください。

スタディサプリ公式サイトの「重要なお知らせ/よくあるご質問・お問い合わせ」ページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です