スタディサプリと予備校、どっちを利用すべき?【大学受験編】

大学受験というのは人生の大きな分岐点です。

どこの大学のどの学部へ行くかによって学ぶ内容は大きく変わりますし、将来的なことも言えば就職活動にも影響が出たりもします。

前までは大学受験対策といえば予備校に行くのが当たり前でしたが、今ではスタディサプリのようなオンライン学習サービスが登場したことによりその形も変化しつつあります。

とはいえ、本当に予備校にいかなくても大丈夫なのか?という不安を持つ方も多いでしょう。

スタディサプリ自体が最近のサービスなので受験生のお子さんをもつ世代の方に関してはわりと得体のしれないものだと思います。

そこで今回は大学受験をするにあたって「スタディサプリ」と「予備校」どちらを使った方がいいのかをそれぞれのメリットとデメリットを紹介しながら解説していきます。

料金に関しては圧倒的にスタディサプリがお得

まず料金に関してですが、これについてはスタディサプリが圧倒的にお得です。

予備校に通った場合は年間100万円前後かかるのに対して、スタディサプリの場合はわずか月額980円、1年間でも1万円くらいです。

なのでもし料金的に予備校へ行くのが厳しいという方や、近くにいい予備校がないという方はスタディサプリ一択でいいと思います。

しかし、いくら料金が安くても大学受験の合格に役立たないのであれば意味がありません。

そこで次は質の面について比較してみましょう。

授業の質は予備校の方が上?

これだけ料金に差があると、肝心の授業の質が低いのではないかと心配になりますよね?

授業料が安いのは嬉しいのですが月額980円というのは異様な安さです。

ですが、スタディサプリの授業の質が低いというわけではないので安心してください。

有名予備校などでも授業を行なっていた講師が授業を担当

スタディサプリの講師陣は有名予備校などでも授業を行なっていたような人気講師も多いです。

なので授業自体の質が低いということはありません。

スタディサプリは質が低いから安いのではなく、講師や事務員の人件費や予備校が入っているビルなどに支払う家賃などにかかるお金を削減できているからこの料金が実現しているのだと思います。

ですが、だからといって「授業はスタディサプリのものでも大丈夫!」と言うわけにはいきません。

これは私自身の体験による持論なのですが、講師は有名であればいいというわけではなく自分との相性が重要である考えているからです。

自分にあった講師であるかが重要

私は受験生だったころ英語が壊滅的に苦手で、その当時いた予備校でも一番下のクラス(学力ごとにクラスがわかれていた)でした。

ですが、そのクラスの先生の教え方がとてもわかりやすく成績もグングンと上がり上から2番目のクラスまで上がることができました。

ところがそこのクラスの先生とは相性が悪く、英語の成績が伸び悩むことに。

結局、塾長にお願いしてクラスを下げてもらうことになりました。

その先生自体、予備校内では評判のいい先生でしたし、個人的にその先生が嫌いというわけでもありませんでした。

なので有名な先生だから大丈夫、有名な予備校だから安心!ということは絶対ありません

同じ予備校だからといって全ての先生が全く同じ教え方というわけではありません。

最終的には自分を教えてくれる先生と自分の相性がいいかどうかが重要です。

だからスタディサプリに関しても授業の質自体は保証されていますが、自分と合うかどうかは別問題です。

スタディサプリには2週間の無料期間もあったりするので、まずはその期間で自分にあった先生かどうかを見極めて続けるかどうかを決めるのがおすすめです。

スタディサプリと予備校、どっちを利用すべきか?

予備校とスタディサプリについて料金と質の面から比較してみましたが、結局どちらを使えばいいのでしょうか?

私はなんだかんだで受験勉強において一番重要なことは「自習」であると考えています。

授業を受けて、苦手分野があればひたすらその分野の問題を解いて克服する。

そういった意味では受験勉強に関してはスタディサプリ一本でもやっていけるでしょう。

ですが、自分で計画を立てられない、もしくは受験生自身が受験にそんな乗り気でない場合はある程度の強制力がある予備校を使った方がいいと思います。

後、これを言ってしまっては元も子もないのですが、最初にも書いた通りスタディサプリは月額980円、1年間でも1万円ちょっとしかかかりません。

なので予備校とスタディサプリを両方利用してうまく並行して勉強することがより確実な合格への近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です