スタディサプリは、無料でも利用できる機能がありますが、重要な抗議動画などは有料になります。

会員登録ご1ヶ月は、有料のものも無料で見ることができたりしますが、その後は料金を支払わないとみることができなくなってしまいます。

そこで、有料会員になるために支払方法をについてまとめてみました。

スタディサプリの支払い方法

スタディサプリの支払い方法は、下記の4種類になります。

  • クレジットカード
  • 携帯会社(ドコモ・ソフトバンク・au)キャリア決済
  • コンビニ決済
  • itunes Store決済

現在、4種類の支払い方があるのですが、それぞれデメリットデメリットがあります。

クレジットカード

おすすめ度:5.0

クレジットカードは、一番手っ取り早く、クレジットカードのポイントも付いてお得な支払い方法です。

ですが、クレジットカードの利用は18歳以上と決まっているため、18歳未満の人は使用どころか持つこともできません。

クレジットカードで支払う場合は、親のクレジットカードを利用しましょう。

キャリア決済

おすすめ度:4.0
キャリア決済は、携帯を契約しているキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)の決済システムを使って利用する方法です。

請求は、毎月の携帯代と一緒に請求されます。

ドコモ・ソフトバンク・au以外を契約している方は、キャリア決済を利用できません。最近格安スマホ・SIMが人気となってきていますが、格安スマホ・SIMの場合利用できないところがほとんどです。

コンビニ決済

おすすめ度:4.0

コンビニ決済は、ファミマやセブンイレブン、ローソンといった主要コンビニで料金を支払う方法です。

対応しているコンビニは下記になります。

  • セブンイレブンでの手順はこちら
  • ローソンでの手順はこちら
  • ファミリーマートでの手順はこちら
  • サークルKサンクスでの手順はこちら
  • ミニストップでの手順はこちら
  • デイリーヤマザキでの手順はこちら

スタディサプリのサイトで、請求書をダウンロードして、コンビニのレジに提示して支払いをおこないます。

コンビニ決済の場合、手数料が取られたり、システムの関係で実際に有料会員に切り替わるまで時間がかかったりする場合があります。

また、月ごとの支払いではなく1年分を支払うため、1年生・2年生であれば良いですが、3年生の場合受験に合格した後、不要になるケースがあるため無駄な金額まで支払うケースが考えられます。

ただ、お子さん自信が自分が稼いだお金でスタディサプリ代を払いたい場合は、おすすめな払い方です。

itunes Store決済

おすすめ度:3.0

iTunes Store払いは、スマホゲームやスマホで課金したことある方には馴染みのある支払い方法ですが、通常の料金に加え、iTunes Storeの手数料を上乗せして払うことになるため、他の支払い金額より高くなります。だいたい1,400円前後の金額になります。

また、為替の影響を受けたりするので、有料会員になるタイミングによって変動します。

おすすめの支払い方法はクレジットカード

おすすめの支払い方法は、断然クレジットカードが一番です。

月額980円以外に手数料もかかりませんし、クレジットカードの登録が完了するとすぐに有料会員に切り替わってくれます。

ただ、18歳未満はクレジットカードの契約自体ができないため、親のクレジットカードを使用する必要があります。